東堂一義の子供時代に流行ったプラモデルとミニ四駆

東堂一義が現在はまっているのがプラモデルとミニ四駆です。東堂一義が小学生のころに流行っており、男の子は必ずと言って良いくらい持っている人が多かったのです。
プラモデルは、たくさんの種類があります。ロボット系やアニメキャラクターのプラモデルや実際の車やバイク・船や戦車・飛行機などを再現したものなどがあります。実在する物については、実際の大きさから縮尺されて作られたものが多く、多くの男の子たちが好んでいました。手に乗るくらいの小さなサイズからおおきなものまであります。東堂一義も幼いころに大きなものに憧れていました。
近年はフィギュアと呼ばれるものが多く組み立てなくても良いものが多いですが組み立てるということに魅力があるのだと東堂一義は思っています。
有名メーカーがこぞって販売し人気を得ていましたが、やはり魅力的なものや大きなものは高価なものが多く誕生日やクリスマスに買ってもらうのがやっとでした。大人になった今、子供のころには手に入れることのできなかったものを買うことができ、こだわって作ることができます。
子供のころに買ってもらえるものは、色がついていないものや安いもの、また定番のようなカラーが元からつけられているものなどが多かったですが現在は自分で組み立てた後に色を塗ることも楽しみにしています。

ミニ四駆も、やはり子供のころに親が買い与えてくれるものは定番のものでありいくつも買ってくれることはありませんでした。東堂一義もひとつ買ってもらってはいましたが、高価なものではなくスピードもとびぬけて早いものではありませんでした。少し高価なものやスピードの出るミニ四駆に憧れていた東堂一義は、現在何台ものミニ四駆を持っておりそれぞれさまざまな色や形の物、また部品を交換しカスタムしてオリジナルのものを作ることもあります。
東堂一義が子供のころは、子供たちが集まる公共の施設などにミニ四駆を走らせるコースなどがありました。子供のころは、コースまで持っている子は少なく唯一持っている1台を持ってみんなが集まり走らせて競争していたのです。このような場所は無料で遊べることが多く、暗くなるまで夢中になって遊んでいました。そのころから、コースを自宅に作って走らせたいという夢がありました。東堂一義はその夢をかなえるべく自宅の一室にミニ四駆のコースを作ってしまいました。
自宅のオリジナルコースは同世代の人に大人気で、友人たちが集まると、子供の用に夢中になって走らせるのです。

近年ではおもちゃ屋さんのみではなく大人向けのフィギュアなどがたくさん売っているお店や、プラモデルやミニ四駆の専門的なお店もあります。また、有名メーカーなども大人の購入を予測して販売しているような商品もあります。東堂一義のように大人になってはまっている人も多く、大人向けに少し高価なものも多く販売されているのです。東堂一義は、このようなお店を訪れることも好きで暇をみつけては訪れ自分好みのものをみつけては購入しています。
また、子供のころに販売されていたモデルなども人気があり、ネットで年代物を探して購入することもあります。プレミアがつき、保存状態によってはとても高いものもありますがこのようなものを手に入れることも大人だからこそできることであり、ステイタスだと感じているのです。
自宅には専用の棚を作り、いたるところにプラモデルやミニ四駆を並べています。作っているときや触っているときはもちろんですが、並べたプラモデルたちを眺めているだけでも充実感を味わうことができます。
子供のころにできなかったことを、大人になった今存分に楽しんで満足しているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中込直樹さんは長崎市出身の精神保健福祉士兼相談支援専門員です。 幼少期より人と話をする事が大好きで…
  2. 慶應義塾大学を卒業後、化粧品会社に就職して、その後美容ライターとして活躍している牧野奏子は美容・化粧…
  3. img00141fb4d142a19da11cf64797cf4a4831d4b6025dc2.jpg
    ラーク動物病院は大阪府寝屋川市東香里園町にあり、イヌやネコ、うさぎ、ハムスター、フェレット、一部の小…
ページ上部へ戻る